ご挨拶と自己紹介

住宅ローンパチスロ返済記を訪問頂きありがとうございます。管理人のTAKと申します。
IT系企業に勤める30代スロリーマンでパチスロ歴は15年超です。
 
当ブログはスロバカの管理人が住宅ローン返済費用をパチスロで賄うべく奮闘する日々を稼働日記として綴っていくブログです。
また、パチスロ以外の話題も自由気ままに織り交ぜていく予定です。
よろしくお願いしますm(__)m
 
初回投稿のため、簡単に自己紹介をさせてもらいます。興味のある方はご一読ください。(長文ですがご容赦ください)
※管理人の詳細プロフィールはこちら

 
■自己紹介
関東地方在住。既婚。パチスロ歴は15年超。自他共に認める引き弱です…
初めて打ったパチスロは「チャンピオンカップA(高砂)」。
BIG絵柄は横長の車(!)で、素人でも目押しが容易だったため、この機種で【BIG絵柄を揃える】というパチスロの醍醐味を知りました。
 
パチスロに触れた頃は立ち回りの概念は皆無…
楽しんでなんぼ、勝てればラッキーという感じでした。

この当時は好きな台を好きな時に打っていたため、当然ながら負けていました…
とはいえ、パチスロ初心者でも”比較的勝ち易く大負けしにくい環境”だったため、そこまで手痛い負けの記憶がありません。その環境とは主に以下2点でした。

1. 設置機種
大量獲得機やストック機ではなく、A400タイプ(AタイプでBIG獲得枚数が約400枚)がメインでした。
現在のAT・ART機の様に『止めようと思ったらレア役→チャンスゾーン突入で再投資』などの地獄ループに陥ることもなく、想定投資内で収まるため、(自制心さえ保てれば)大負けしにくかったと思います。

2. ホール側のイベント
朝一はモーニング(ホール側で予めBIGフラグを仕込んだ台)やBIG早引きなどによる設定5,6への打ち替えイベントがありました。
また、新台入替時はモーニング&高設定が基本でした。(台を抑えさえすれば千円でBIG→そのまま最小投資で大勝ちも)
 
そして、会員カード作成特典として誕生日に好きな機種の設定6が打てたり、一定ポイントを貯めると指定日に終日設定6などのサービスもありました。

上記2点に加え、当時は学生で軍資金が乏しかったため、リスク(月あたりの投資可能額=上限負け額)も低く、どっぷりとパチスロにハマっていきました…

4号機の大量獲得機やストック機、そして現在の5号機荒波AT機と比較するとパチスロ初心者には優しい時代だったんだなぁ、と思います。
 

《スポンサーリンク》

趣味兼副業として本腰を上げて稼ごうと立ち回りはじめたのはストック機全盛の2004年からです。
月のノルマを決める→打った収支を記録→立ち回りを振り返り見直す→そして打つ、というPDCAを身体に染み込ませました。

仕事を終えホームタウンへ→5店舗ほど巡るも打てる台なし→10分ほど歩いて別のホールへ出向くも打てる台なし→再びホームタウンに戻り5店舗ほど巡るも打てる台なし→帰宅、みたいな日々も多々ありました。
 
2004年~2006年の3年間は年間360日ほど打ってました。。。
本職があるにも関わらず。。。
稼働時間はともかく、稼働日だけでいえば専業の方と同じ位かも。。。
 
この当時の経験が糧となり、以降は現在に至るまでコンスタントに勝てています。(4号機時代より打ち方が甘くなっているのは反省中…)
 
好んで打つ機種は北斗シリーズとAタイプ全般です。
また、一般受けされないようなマイナー機種(非萌え)を好む傾向があります。

趣味はゲーム(最近はご無沙汰)、サッカー、旅行、愛犬と戯れる等々です。
 
以上、長文となりましたが、今後ともよろしくお願いします!

 
↓↓アクセスランキングへ参加中です!クリックをお願いしますm(__)m


パチスロ ブログランキングへ
にほんブログ村 スロットブログ サラリーマンスロッターへ
にほんブログ村

《スポンサーリンク》
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です