10月稼働報告と北斗強敵プチ情報

今回はタイトルのとおり、10月稼働報告と北斗強敵プチ情報の2本立てです。
まずは10月の稼働報告ですが、その前に9月の収支を。

9月は前回の記事以降、4日稼働するも収支的には±0。
稼働日数:20日、+34.7Kという超低空飛行のままフィニッシュ。

プロフィールに書かせてもらいましたが、月々の住宅ローン支払いは約4,500枚のため大幅な赤。
テコ入れが必要と判断し、9月終盤は現行の立ち回りを見直すことに。

 

収支が伸びない最たる要因は雑なデータ取り。
年間360日以上打っていた4号機時代は、ほぼ全機種・全台のデータを取っていました。
しかし、最近は面倒くささから怠けてしまい、好きな機種のデータしか取らず。

こんな甘いデータ取りでは打つ台にあぶれて当然です。
また、注力している機種や設定変更有無による変更パターンの確認など、ホールの癖や傾向を把握できませんし。
 
そこで10月からのデータチェックは、全機種・全台とはいかないまでも対象機種・台数を増やしました。
結果、現時点での10月収支は+44.5K(稼働日数:6日)。
今のところはまずまず。

立ち回り見直しにより、前述のホールの癖や傾向を捉える精度が上がったと分析しています。
 
なお、前回記事文末に記載のとおり、最優先事項として収支安定を心掛け、ノーマルメインの稼働となっています。
AT機も打っていますが、9月と比較すると稼働は減りました。

さて、そんな10月序盤6日間の稼働をダイジェストで振り返りたいと思います。
 

《スポンサーリンク》

ノーマルタイプは前月同様、ハナビとミドルスペック以上のジャグメイン。
こちらは特段ネタがないため割愛。

AT・ART機は現時点では強敵、転生、黄門の3機種のみ。
強敵は後述するためここでは割愛。

転生は相変わらずの単発病。
今月はゾーン狙いで5回打ち、全てATをツモるも4回単発。(ATを引いているだけマシですが)
 
「なら打つなよ」って話ですが、200あべしとか落ちてたらそりゃ打ちますよ。

でも自称:天破君の僕が打つ以上、僅かなゲーム数でも即天破へ突入。
そして華麗に256あべしをスルー…

負けパターンの伝承モードに引っ張られる展開が多かったものの、投資がかさむ前にチェリー・スイカからの直撃でATをゲットすることが多く、傷は浅めで済んでいます。

直近の転生では約半月ぶりに単発回避を達成!
嬉しくて写メを撮ってしまいました。

image_201510_01_01
隣の人の「2連なのになんで撮ってんの?」的な視線が痛かった…

 
AT機では黄門だけが孤軍奮闘中。
今のところ印籠箱狙いと設定狙いの2回だけですが、1回目の印籠箱狙いはATヒット直後に大量上乗せに成功。

image_201510_01_02
紅炎モード中の勧善懲悪アタック+倍ちゃんっす

家康降臨×1、怒髪天×2、かげろうお銀モード×2で順調に出玉を伸ばす。
終了間際の残り26Gで再びかげろうお銀モードに入るも

image_201510_01_03
「白7を狙え!」から逆挟み白7テンパイの2確目

印籠チャンスは獲得できず終了。でも大満足。
image_201510_01_04

 
2回目の設定狙い時は初回ATから家康降臨。
そして家康降臨での自己最高記録を樹立。

image_201510_01_05

かげろうお銀モード中にも印籠チャンス自己最高記録をマーク。

image_201510_01_06

が、表・挑戦にて5回ともすべて20G上乗せ…
その後も2回印籠チャンスを引くも20G上乗せのみ…
25%が引けぬまま初っ端の爆発トリガーを活かせず不本意な枚数で終了(-_-;)

image_201510_01_07

その後も初当たりは優秀な値をキープするも出玉はだらだらだったのでヘタレやめしました…

《スポンサーリンク》

さて、ここからは北斗強敵プチ情報を。

マイホの強敵は9月終盤あたりから設定状況が上向きになり、ようやくまともに打てるようになりました。
誤爆が少なく、設定に忠実に出るため、ホール側も「このまま抜き過ぎるのはマズイ」と思いはじめたのでしょう。

また、11月はAT規制の影響で各メーカーから駆け込みで大量に新機種が出ます。
「客を逃がさないために還元が必要。ただ予算的にも年内に出せるのは10月末までの今しかない」というホール側の思惑が働いたのでは?と想像します。
 
今回は僕が何度か強敵を打ち、判明した情報をお伝えします。
「既に解析情報はあらかた出回っているのに何を今更」と思われる方のために、初めに今回僕がお伝えしたい対象の方および目的を記載します。

<対象の方>
初代・世紀末は打ち込んだがまだ強敵を打っていない方、試行回数の少ない方、明日からの3連休に勝負に行く方

<目的>
強敵を楽しむための初代・世紀末との差異を中心とした演出面の把握
 
では順番にお伝えしていきます。
 

・奇跡の村演出後は必ずステージ移行する

初代・世紀末ではステージ移行しなかった奇跡の村演出ですが、今作では必ずステージ移行します。
「お、ステージ移行した!確定か!?」という僕と同じような期待はしないでください(笑)
 

・ラオウステージ以外でもケンシロウが一人になる

初代・世紀末ではケンシロウ一人=ラオウステージ帰りでしたが、今作ではラオウステージ以外でも普通に仲間が去りケンシロウ一人になります。
単発続きで歪んだ思考になっている僕の見解では、仲間もケンシロウに愛想をつかしたんでしょう。たぶん…
 

・中押し第一停止での消灯&「あたっ!」からのチェリーが来やすくなった

初代では比較的発生するも、世紀末ではあまり見なくなったこの演出。(あくまでも僕の体感です)
演出頻度では “世紀末<強敵<初代” となっている感じがします。

中段チェリーは取りこぼすと北斗カウンター非作動となるため、中押し時の中段北斗or赤7停止時はチェリーの心構えを忘れずに。
 

・初代北斗で前兆時に出現率の高かったザコキャラ押し順ナビ演出が復活。が、全く熱くない。

これ、結構な頻度で出ます。
初代同様、いきなりナビが出るため、世紀末に慣れていると僕のように「お!?謎当たり!?」なんて期待をしてしまいますが、通常演出くらいに思っておいた方がよいかと。
 

・村人演出で第三停止で村人服飛ばされる→中段チェリーでも確定ではない

初代だと第三停止で服飛ばされの時点でほぼ高確確定だった気がします。
なので、中段チェリー=AT確定と余裕こいてたら普通にスカりました…

「熱いと思うけどどうよ?」くらいの気持ちで回すのがベターです。
 

・順押し時に中段チェリーが止まらなくても転生のように3連チェリーが止まれば中段チェリー(強チェリー)と同じ扱いに

最後まで望みありという意味でこちらは嬉しい変更点。
レバーON→ケンシロウオーラ赤 など、レバーONの時点でチェリー確定演出での順押し時は、下記のように3連チェリーになれば中段チェリーと同じ音が鳴り、北斗カウンターが作動します。

image_201510_01_08
 

・初代・世紀末を完全継承している訳ではないため、過剰に期待せず新しい北斗を楽しむ心意気で打つべし

最後のこれが一番重要です。
やっとこさ入ったチャンスモードの伝承の刻に入ってもほとんどひでぶを獲得できないまま終わったり

image_201510_01_09
たったの15ひでぶ。このあとハート様にボコられました…

AT中の継続バトルで継続が確定し、こんな演出が出たので大量上乗せに期待したら+100枚だったりしますので…

image_201510_01_10
秘奥義で+100枚って…

あ、一度だけスペシャルエピソード後に+400枚出ました。
こういうのが出るとさすがは北斗、面白いです。

image_201510_01_11

 

以上、プチ情報でした。
3連休に勝負する予定の方は、頭の片隅にでも入れておくと精神衛生上よいかと(笑)

無理に勝負に行くような状況でなければ、777タウンでシュミレーションするのが一番手堅いかもしれません。
PCなら他機種含め月額1K、1,000円(税抜)でプレイできますからね。
 
ちなみに僕は挙動を確かめたい新機種導入時のみPCの有料会員になり、ある程度シュミレートできたら無料会員に切り替えてます。
今は強敵のために有料会員になっていますが、課金の締めである月末迄には無料会員に切り替えようかなぁと思っています。
 
777タウン.net
PC用

スマホ用

 
では皆さま、よい連休を!

 

↓↓アクセスランキングへの応援クリックをお願いしますm(__)m
にほんブログ村 スロットブログ サラリーマンスロッターへ
にほんブログ村

パチスロ ブログランキングへ

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です